お酒が飲めないとイベントには参加できない?

お酒が飲めないとイベントに参加ができないと思っている人もいるかも知れませんが、そのようなことはありません。
確かにお酒が飲めたほうがよりイベントを楽しみやすいものですし、幅も広がりますから飲めるなら飲めるに越したことはないと言えるでしょう。
しかし、だからといってお酒が飲めないからイベントに参加ができないこともなければ、楽しめないこともありませんので飲めない人も気にせずにどんどん参加をしてみるのが一番です。

飲めない人は飲めないなりに、事前に手を打っておくことが大切であり、注文役の人に飲めないことを宣言しておけば配慮をしてもらえますから飲めないことが問題となることはありません。
お酒好きな人が集まって飲むことを目的としているイベントであれば難しいかもしれませんが、あくまでも親睦を深めるためのものであれば必ずしも飲めなければ行けないということはないのです。
事前に宣言をせずにいきなり注文の段階で飲めないと言い出しても白けてしまいますから、それだけは気をつけておけば問題ありません。
それでも飲めない人がいると相手が気になってしまうのではと思う人は、お酒が出ないイベントに参加をするのも良いでしょう。

ランチやカフェでの集まりは基本的にノンアルコールが主体となり、飲むことが目的ではないだけにお酒を飲まずに済みます。
アルコールがあるにしても飲みたい人だけが飲むという形になるので、事前に飲めないことを宣言する必要もないので気楽に参加をすることができます。
イベントはお酒が絡むものばかりだと思いがちです。
しかし、探すといくらでもお酒の出てこない、あるいは飲まなくても問題ないようなイベントは数多くありますので、アルコールが苦手な人は探してみると良いでしょう。

特に昼間に開催されるイベントであればノンアルコールドリンクが主体となることが多いので簡単に見つかりますし、夜の時間帯であってもお酒が必ず出てくるものばかりではないので探して見る価値は十分にあります。
また、イベントの種類は数多くあるだけにお酒が飲めない人の集いといったものもあったりするので、このようなものであれば同じ特徴を持った人同士が集まるだけに意気投合しやすいといえます。
お酒が飲めたほうが楽しみやすいイベントが多いのは事実ではありますが、飲めないから参加をすることができない楽しむことができないというわけではないので、覚えておけば気軽に参加をすることができます。